2008年08月30日

やっぱりすごい。ベニシアさん。

 昨日、NHK教育でベニシアさんの特集番組がやっていました。
 「趣味の園芸スペシャル 英国人ベニシアの庭物語」ってやつ。

 ベニシアのハーブ便り
 
 を読んで
 すごい人だ!!と思っていたので、わくわくしてみました。

 ベニシアさんは、イギリスの貴族に生まれた方です。
 しかし社交界の生活に合わず、自分に合う生活と幸せを求めて、インド・日本と旅してきたそう。

 そして京都の大原に落ち着かれて、旦那さまやお子さんと一緒に
 素敵な古民家に住んでらっしゃいます。
 
 自分たちで直して住んでいるという古民家も本当にいい!のですが。
 ベニシアさんの庭!庭ー!!
 ハーブがたくさん、お花もたくさん。
 果樹もたくさん!
 
 本でみたとおり、素敵な素敵なお庭でした。
 しかし、本でみた以上に作業がたくさんあるなあ、と思いました。^^;
 でも、ベニシアさんは「庭にいる時間が一番ハッピー」と、せっせと作業されていました。
 
 咲き終わった花をつみとって入れるカゴや、ベリ−を集めるカゴ。
 ハーブを収穫して束ねておいておくトレイ。
 どれもよく使い込まれていて、デザインも素敵でした。
 
 台所の映像もあったけど、全然プラスチック製品がないの!
 日常で使われるカゴっていいなあと思います。
 
 番組では全然ふれられていなかったけど、
 きっとベニシアさんのお庭はすごくいい香りがしているのだろうなあ。
 
 ハーブは、水をやったり、ふれると香りが立つから、
 ベニシアさんは作業しながらフレッシュな香りをたくさんかいでいるんだろうなあ〜。

 
 この番組をみて思ったことは、
 「自分で自分を満たすことがすべて」ということでした。
 
 ベニシアさんのお母様は、何度も結婚を繰り返したそうです。
 「相手を変えればうまくいくと思っていたのかな。
  でも、私はそうは思わない。
  自分の内側をみないとダメ。」

 というようなことをベニシアさんはおっしゃっていました。

 そして、
 「今は、高いホテルに泊まりたい、とか、どこか面白いところに行きたい
 とかあまり思わない。
 庭で作業していると、いつも自分が何かで満たされている。ハッピー。」
 
 みたいなこともおっしゃっていました。


 ベニシアさんが住みはじめた頃の庭は、とても植物が育つ状態ではなかったそうで
 1メートルくらい自分で掘り起こして、いい土を作るところから始めたそうです。

 何事も、土台が大事なんですなあ。
  
 私がここまでやるのは、性格的にきっと難しいと思うんだけど(笑)
 でも、憧れます〜。
 
 
 今回、動いているベニシアさんをみるのは初めてだったけど、全然違和感が無かった。
 声も、動いている姿も、思ったとおりって感じ。 

 ベニシアさんの本は、ご主人が日本語に翻訳しているにも関わらず、
 その文章とベニシアさんの話し方も、まったく違和感がありませんでした。
  
 
 ハーブを切るとき、「お茶にしたいから、切ってもいいですか?」 と聞いていたベニシアさん。
 私も、「ここ切るよー」とは言うようにしているんだけど、
 今度から「いいですか?」と、おうかがいをたてるようにしようと思います。^^


 そして。
 ベニシアさん「めんどくさいという気分にはなったりもするけど
 そういう気分は嫌いだから。(作業します。)」

 ああ、できる人はみんなそう言う。。
 私も脱めんどくさがりを目指そう〜。
 
posted by まき at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。