2009年08月11日

里帰り完了。

昨日から実家です。
いよいよ「里帰り」しちゃいました。
次に家に帰るときは、もう赤ちゃんも一緒!のはず。

ほんとは今日、実家に移動するはずだったんだけど。
階段から落ちて、ただでさえ痛い体がもっと痛くなってしまったので。。
通常の一日を過ごすのすら頑張らないとできないなら、がんばりついでに実家に帰ってしまえ!と昨日移動しちゃいました。

荷物も家の整理もバタバタだったけど、あまりきちんとやるのも疲れちゃうし、適当でむしろよかったかも。


子育てやりながらの妊婦は、子育ての大変さに、妊婦の大変さも盛られているわけです。
でも、時間が流れるのが早く感じられるし、子育てで気が紛れるので、妊婦である大変さはうすまるなあ、割といいなあ、と思っていたのです。

が、やはり後期はつらいっすね!笑
つわりがひどい人は、きっと最初も大変とおもうけど。

後期になると、単純にお腹が大きくて日常動作がきつくなりますね。
子供が落とした何かを拾ったり、床に散らばったおもちゃやクレヨンや本を片付けたり、掃除機をかけたり。
ご飯中とかに、チビの要求に応じるべく、何度も床から立ち上がったり。(うちは床座の生活。。)
こういうの、きついですよね〜。笑

お風呂洗いもしんどいですね。
あと、布団あげるのも。

初めての妊娠だと、こういう作業は旦那さんに♪みたいなとこもあったかもですが。
二人目ともなると、気にせず布団ほしたり、米袋かついだり、しちゃいますねえ。
だって、チビいたら、布団や米なんて、軽いもんだもんね。笑
(体調が悪い人や、お腹がはりやすい人は、まねしてはいけません!)

でも、さすがに臨月間近ともなると、しんどくなってきていました。
正直、実家にこられて安心。。
里帰りしないで産む妊婦さんも多いわけだから、贅沢させてもらってるわ〜という感じです。


前回、お産や産後がちょっと大変だったから、今回はちょっと前からもう臨戦体制。
試合前のボクサーみたいです。笑

妊婦後期をどう過ごすかは重要で、ここで無理すると、お産にそれが響いてしまうことが多いそうな。
病院でのお産は、多少難しいケースでも無事に産ませてくれますが、助産院だと医療行為なしなので、頼れるのは己の産む力のみ。笑

助産士さんたちも、腰をさすってくれたり、時にはアロマやお灸を使ったりしてくれますが、基本的には「待ち」です。
(この「待ってくれる」ということが、とても貴重で素敵なことなのですが。)

あ、脱線しちゃった。
というわけで、今回は「お産したらしばらくこんなことできないから、やっとこ」と駆け込みでバタバタと動かないようにするつもりです。

前回は、外出や外食を駆け込みでやったりしてましたからねえ。

まあ、チビいるからハメ外したくても外せないんだけど〜。

そんな感じで、のんびりしつつ体整えたいとおもいまーす。

posted by まき at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 二人目 妊娠ライフ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ体痛いんだ?! お大事にね!
Posted by よーこ at 2009年08月12日 00:12
◎よーこ
 ありがとう!
 普通に「打ち身」として痛いだけだから、日に日によくなってくるんだけどね!
 きっと明日あさってには全開しそうよー。
Posted by まき at 2009年08月12日 18:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。