2009年08月16日

わかれ道。

 おお。もう出産予定日まで1ヶ月ないんですねえー。 
 予定日は9/14なんです。
 
 二人目だし、実家だし、「まあ、どうにかなる」的な気持ちが大きいです。
 早産だったり破水からのスタートはやめてほしいけど〜。
 
 母達がお盆で群馬にいっていたので、その間はまーさんが来てくれました。
 今日は地元の友達にも会えたし、昨日は普段忙しい友達と電話もできたし
 うれしい数日間でした。^^


 そして。。
 お盆で親戚が集まったので、祖父が今年亡くなったことによる遺産問題にも
 なんとなく結論がでたようです。

 亡くなってからずっと争い続けていたわけではなく
 「みんな疲れちゃったし、少し放置ね」
 という感じだったのですが、いつまでもそのままにしておいても仕方がないし
 意見が違う人が変わることはなさそうだし。
 もう決めちゃおう、って母とかが言い出したみたい。


 結局、「できるだけたくさんほしい」という意見をごり押ししている家に
 たくさんあげることになりそうです。

 法廷で争うという手もあるのかもしれないけど 
 他のきょうだいたちの性格からして、それはないと思う。
 
 人がよすぎるのかもしれないし、法廷で争いたくないってのもあるとは思うんだけど。
 
 
 そして、他のきょうだいたちの家と、その家は、ほぼ絶縁するでしょう。

 性格的に、うちのおかんなんかは、すっぱり切れないとは思うけど。
 でも、前みたいに和やかにおじいちゃんちで話したり、
 あたたかい親戚づきあいは、もうできないと思う。

  
 他のきょうだいよりも、少しお金を多くもらうくらいのことで
 お金では買えないものをたくさん失ってしまうなんて。
 
 …なんとも思わないのかなあ。  
 
 その家はなにかと問題のある家で、母ときょうだいであるその人も
 かなり苦労したり、病んだりしているのは知っているけど。。
 
 何を大切にしていくかは、その人が決めたらいいとは思う。
 でも、母も、ほかのきょうだいも、とてもさみしいだろうな。
 
 血をわけたきょうだいとの、かなしい話し合いで、すっかり母たちは疲れてしまっています。
 
 ほんとなら、おじいちゃんの思い出話とかして
 笑ったり泣いたりしみじみしたりするいい時間にしたほうが
 ずっといいのにね。
 
 自分が子どもだったころのおじいちゃんやおばあちゃんの話をして
 思い出を共有できるのって、きょうだいなのにね。 

 せつないです。
 

 道がわかれちゃうのって、いったいどこからなんでしょうねえ。
  

 
posted by まき at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく、人ごとではないお話です。
大切な友達が同じことで悩んでいて、そこは法廷までいっていて、いろんな想い出も思いやりもすり減らして、辛い時間を過ごした彼女は、いたたまれなかったなー。
でも、なりふりかまわず何かを求めている人って、そうまでしても絶対に守りたいものがあったりするんだよね。だからそこまで意固地になってしまうのかも。
もっと、きっと、違うかたちでの守り方が絶対にあるはずなのに、安易な考えに進んでしまうタイプの人に、わたしは一つの分かれ目を感じるよ。

親が、子供達のために、残してくれた物なのに、なんか悲しいよね。
Posted by よーこ at 2009年08月16日 21:55
◎よーこ
 そうなんだー。
 そのお友達は当事者なのかな?
 とてもつらかったと思うよ。。
 私は孫だから、話し合いに参加する権利もないし、そもそも関係ないんだけど
 それでも憤ったり悔しかったりしたもんねー!
 
 うちの場合は、その問題の家の人たちの考えが、もうそうなんだよね。
 自分達の言っていること、見ている世界がすべてで、正論だと思っているみたい。
 
 長年かけて作られてきた誤解や、思い込み、考え方の違い、、そういうものがお金の話となって表にでてくるのは、とてもえげつなく、せつないです。

 おじいちゃんの遺言が入っていると思われた金庫には、
 遺言は入っていなくて、母子手帳が入ってたんだって。
 泣けるよね〜。
 
 
Posted by まき at 2009年08月17日 17:22
泣けるね〜母子手帳;;
おじいちゃんかっこいいね。

うちは昨年母が亡くなって
それからおばあちゃんが遺言を残すといいだして集まったのだけど、
生前に決めておいてもらうのは有り難いことだね。
財産はなかなか公平には分けられないものだから
遺言がなかったらうちもわだかまりが残るかもしれない。
それは哀しいね。

わたしは母の遺産を相続して
そのお金を生活費とか私利私欲のために使いたくなかったから
家を買ったんだよー。
Posted by ati at 2009年08月17日 18:06
◎atiちゃん
 泣けるでしょう〜!
  
 生前に決めておくのが、やっぱり一番スムーズだと思う。
 おじいちゃんは、「俺に早く死んで欲しいのか!」って
 ヘソをまげて書くのをいやがっていたらしいんだけど
 でも、死は平等におとずれるからねえ。
 
 そうか。そうだったんだねー。
 受け継いでいったんだね、って感じがするよ。
 
 いい家と出会えて、いいお金の使い方ができて本当によかったね!
 きっとお母さんも喜んでいるよ〜^^
 
 そして私も、atiちゃんのセンスですてきになったおうちを早く見たい! 笑
Posted by まき at 2009年08月17日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125829373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。