2007年11月01日

ミッション?

 まーさんが、ろくでなしBLUESを大人買いしてきた。
 いろんな体勢をとりながら、読みふけっております。
 
 今年はまーさんのマンガ大人買いが炸裂しています。
 デスノートにはじまり、ジョジョ、そしてろくでなし。
 ピューと吹く!ジャガー、は仕事が忙しくなって煮詰まってくると、一冊、また一冊、とちょこちょこ買ってきます。

  
 さて、おととい、とてもリアルな夢をみました。
 リアルだけど、映画をみてるような感じだった。
 
 私は何かを「敵」から守ろうとしているみたいで。
 よくキャッツアイとかが使う、滑車でビルとビルを行き来する、みたいな感じに、山から町へすべりおりていました。
 手には聖書のようなものをかかえていて、どうやらそれが大事らしい。

 うっかり野原に落としてしまって「やば!ここまで取りにくるのにどれくらい時間がかかるのか。。」と、おもいながら、でも降りられないから町まですべります。

 町につくと、もう夜。
 敵に追われています。
 
 隠れようとして、暗い路地に逃げ込むと、ちょうど身を隠せるような障害物が道いっぱいに広がっている。
 そこの後ろに逃げ込むと、他にも敵から逃げてきた人たちが、どんどんそこに入ってくる。
 
 みんなで息をひそめて隠れていると、敵がすぐそばまで来ている。。
 
 すると、一人の女の人が立ち上がって、敵の前に出て行って「私を撃ってください。そのかわりみんなの命は助けて。」と道路に横たわります。
 
 そのへんからは、映画のように断片的なシーンで。
 女の人の体に銃の赤外線の照準?が走るシーン。
 その後、その銃殺事件のことは世界が知るところとなり、「敵」はすごい批判を受けて、私たちの立場はよくなったこと。
 
 私が受け持っていた仕事?も一件落着したようで、住んでいるアパート(夢の中の。)に戻れることに。
 仕事の間は部屋に戻れないので、部屋を貸していたようで、若い女の人がいる。
 ヒゲをはやした男の人もいるけど、どうやらその人と私はルームシェアしているっぽい。
 
 私がいない間に、その女の人のことを男の人は好きになってしまったようで、出て行った女の人の家に男の人が「あそびにいってくる」と言って出て行った。

 あー、ほれちゃったのね。
 と、シャワーをあびる。。

 そこで、目覚ましが鳴って起きました。
 
 住んでるアパートといい、町の感じといい、出てくる人といい、外国っぽかったなあ。
 結構ハードだったので、起きてもなんだか疲れてました。笑

  
posted by まき at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆめのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。