2009年08月16日

わかれ道。

 おお。もう出産予定日まで1ヶ月ないんですねえー。 
 予定日は9/14なんです。
 
 二人目だし、実家だし、「まあ、どうにかなる」的な気持ちが大きいです。
 早産だったり破水からのスタートはやめてほしいけど〜。
 
 母達がお盆で群馬にいっていたので、その間はまーさんが来てくれました。
 今日は地元の友達にも会えたし、昨日は普段忙しい友達と電話もできたし
 うれしい数日間でした。^^


 そして。。
 お盆で親戚が集まったので、祖父が今年亡くなったことによる遺産問題にも
 なんとなく結論がでたようです。

 亡くなってからずっと争い続けていたわけではなく
 「みんな疲れちゃったし、少し放置ね」
 という感じだったのですが、いつまでもそのままにしておいても仕方がないし
 意見が違う人が変わることはなさそうだし。
 もう決めちゃおう、って母とかが言い出したみたい。


 結局、「できるだけたくさんほしい」という意見をごり押ししている家に
 たくさんあげることになりそうです。

 法廷で争うという手もあるのかもしれないけど 
 他のきょうだいたちの性格からして、それはないと思う。
 
 人がよすぎるのかもしれないし、法廷で争いたくないってのもあるとは思うんだけど。
 
 
 そして、他のきょうだいたちの家と、その家は、ほぼ絶縁するでしょう。

 性格的に、うちのおかんなんかは、すっぱり切れないとは思うけど。
 でも、前みたいに和やかにおじいちゃんちで話したり、
 あたたかい親戚づきあいは、もうできないと思う。

  
 他のきょうだいよりも、少しお金を多くもらうくらいのことで
 お金では買えないものをたくさん失ってしまうなんて。
 
 …なんとも思わないのかなあ。  
 
 その家はなにかと問題のある家で、母ときょうだいであるその人も
 かなり苦労したり、病んだりしているのは知っているけど。。
 
 何を大切にしていくかは、その人が決めたらいいとは思う。
 でも、母も、ほかのきょうだいも、とてもさみしいだろうな。
 
 血をわけたきょうだいとの、かなしい話し合いで、すっかり母たちは疲れてしまっています。
 
 ほんとなら、おじいちゃんの思い出話とかして
 笑ったり泣いたりしみじみしたりするいい時間にしたほうが
 ずっといいのにね。
 
 自分が子どもだったころのおじいちゃんやおばあちゃんの話をして
 思い出を共有できるのって、きょうだいなのにね。 

 せつないです。
 

 道がわかれちゃうのって、いったいどこからなんでしょうねえ。
  

 
posted by まき at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

ブログ整理。

 過去記事を少し整理しました。
 
 「初めての妊娠☆日記」カテゴリを追加しました。 
 チビを妊娠しているときの日記です。

 「妊婦日記」ってカテゴリがあったの見落としていて
 つい新しく作ってしまった…。
 (いらないカテゴリって、削除できないのかしら?)

 「初めての育児日記」も作ろうと思ったんだけど、
 2007年1月28日にチビを産んでからは、ほとんどが育児日記なので
 作るのやめちゃった。。

 
 あと、「お気に入りリンク」を整理させていただきました。
 ひさしくブログの更新が無かった方などのブログを削除させていただきました。
 
 了承をとらずにやってしまってすみません^^;

 もし再開されるときには、お手数ですがご一報いただければうれしいです^^ 
   
 
 そんな感じです。
 これからも宜しくお願いいたします〜。 
posted by まき at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

家を買うときは。

 家を買う件ですが。
 ローンの審査も無事通ったので、このまま買えそうです。
 
 ブログには書いてこなかったけど
 結構な数の物件をみてきたし、いろんな業者さんとも話しました。
 (変な営業の仕方に腹が立って、クレームしたりも。) 
 
 大した経験ではないけど、その経験から学んだことは
 「知識と経験てほんとに大事。」ってことです。
 
 家をこれから買おうと思っている方。
 とにかく、勉強してください。 
 絶対に損はしません。

 家の作りや施工業者、その土地がどんな土地か、とか。
 地価を調べたり、地域のことを調べたり。
 ローンの組み方も大事です。
 (できるなら、不動産屋に仲介してもらわないで
  自分で銀行いったほうがいいんじゃ?と今は思います。)
  
 ほんとに、たくさん調べたほうがいいです。
 そして、いろんな物件を見たほうがいいです。
 新築一戸建てがほしい人でも、マンションや中古一戸建も見たらいいと思います。
 
 そうやって色々見ていく中で
 「自分は本当はどういう暮らしをしたいのか」が、本当にみえてくると思います。

 駅の近くがいいのか。少し離れたところがいいのか。
 マンションで便利なほうがいいか。
 戸建てで自分の好きに暮らしたいか。
 
 家は大事だから、こだわりまくりたいか。
 それとも、家にかけるお金は最小限にして、趣味にかけたいか。 
 

 家探しの間、こういうことをすごーく考えさせられました。
 何度も迷いましたが、最後に「あ、うちらはこういう暮らしがいいんだ。」と
 本当にわかったことが一番の収穫だったと思います。
 
 そして、そうやって色々見て悩んでいくうちに、
 「築○年でこの汚さ、値段の高さ、作りの安さ、、ありえない。」とか
 「この場所でこの値段なら、まあこんなもんか。」とか
 自分なりに判断できるようになります。
 
 そして、いざ買うとき!
 値切り交渉しましょう^^
 大抵「じゃあ、下二桁の80万をひきます。」とか「じゃあ、100万円引きで。これがギリです。」
 といわれますが、まだまだがんばれます。
 
 ただ、中古の物件は売主が決めているので、相場より高い金額ででていることもあるし、
 個人によって事情があるので、値引きがうまくいかないこともあります。


 最初はなんだか値切るのを恥ずかしがっていた俺たちですが
 最後には「10万円単位でも、なんなら1万円単位でもいいんです。
 大事なお金です。なんとかなりませんか?」と言っていました^^;
 
 経験と知識がふえると、値引き交渉の材料もふえてくると思いますよー。
 
 「家を買う」ということの中には様々なトラップがしかけてあります(笑)
 不動産業界がもっとオープンになって、お客さんにも相応の知識があるのが当たり前になるといいなと思います。
 
 もちろん、「家を建てて売る」ということの労力を買い叩くつもりはありません。
 相応のお金を払うのは構いません。

 でも、見合わないお金は払いたくないですよね。
 知識がなかったために、無駄なお金を払うのも悔しいですよね。 
 
 勉強と実践あるのみ、です。
 そして冷静に。
 物件を見始めたばかりの頃の衝動買いは、かなり賭けだと思いますよ〜。  


 具体的には書けないこともあるので、
 個人的に相談いただければ色々話します〜!笑
 
 
  
 
posted by まき at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

よしもとばななさんの「彼女について」

 ばななさんの新しい小説「彼女について」読みました!
 
 なんか、すごいもん読んじゃったなあ。。 
 ばななさんは、言葉の魔法使いだなあ。。
 
 すごく疲れていたのに、おとといの夜に一気に読んでしまい
 ものすごく本に入り込んでしまいました。
 なので、昨日はずっと小説の中にいるような感じでした^^; 


 「君の幸せだけが、君に起きたいろんなことに対する復讐なんだ」
 この一文に、やられました。
 
 ほんと。そうだ。
 私も、そうやって『復讐』してきたんだ。
 
 そうか。言葉にすると、こういうことだったのか。。
 
 これは、何かに打ちのめされたり傷つけられたと感じたときに
 すごく役に立つ方法だと思うんです。
 本当に。
 
 もしも、みんながこうできたら。
 世界が変わると思う。
   
 あと。
 主人公の由美子といとこの昇一の顔の特徴が、私とまーさんみたいでウケました。
 だって、昇一は「どんぐりまなこにしっかりした唇、鼻が高い」顔で
 由美子は「目が細くて顔も細く、鼻も丸い」。
 
 イトコだけど似てないなんて。
 まさに、うちではないですか!笑
 まーさんは濃くて私は薄いもんね。

 しかも、昇一は武道をやっていた、という設定。
 
 思わず、横のまーさんに「まーさん、この人も武道やってる!」と
 本を読みながら話しかけてしまいました。^^
 
 
 もっと感想を書きたいのですが、ネタバレしないと書けないので。笑
 もうこの本を読んだ方だけ、「続きを読む」をクリックしてください☆
 

 さて。
 今日は、チビが眠くて機嫌がわるくなって、手がつけられなくなったので
 とりあえず放っておいたら、「ぎゃー!!」と泣いたままの格好で眠ってしまいました^^ 
  
 歌も好きで、私が歌うと、一緒に調子っぱずれなハミングをするチビ。
 上手ー!!とほめると、はにかんだりするチビは今日もカワユスです。 
 

 ネタバレありの感想、書きました。
 この小説は、先入観なしの方が絶対面白いので、読んだ方だけお入りくださいな〜^^
 ↓ 続きを読む
posted by まき at 15:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

子連れ旅行について。

 まーさんが発熱しまして。。
 昨日、会社から帰ってきたらすごい熱!
 朝になっても38度とかあるので、今日は会社をお休み^^;
 
 でも、発熱しながらも、妻の誕生日のために
 花束とハーゲンダッツを買ってきてくれたナイス夫です。
 
 今回の熱は、風邪っていうより、疲れとか調整って感じがします。

 だってねー。。
 子連れで旅行って、ほんとに疲れます!
 
 「あ、家にいるほうが楽。。」って思ったもん。旅行中に。
 旅行の準備と後片付けも一苦労ですが、やはり旅先で何かと大変で。
 (荷物を事前に郵送しておいたのは大正解!!) 

 ただの旅行だったらまだよかったんだろうけど。。
 ダイビングしたもんだから^^;
 
 一応、海は午前中だけということにして、おかんにチビを預けたのだけど
 器材を洗ったり準備したりと
 何かと午後も忙しくなってしまうことが多くて。
 
 ナイトダイビングをした日は、結局夕方から夜まで不在だし^^;

 そんなこんなで、チビは、不慣れな環境で
 私と離れることが多い上に
 いつものようにゆっくり昼寝もできず。。
 
 しかも、夜寝るのも遅くなりがちだったので、 
 日に日に機嫌が悪くなっていきました。

 私と離れるのが不安なようで、ぴっとりくっついて
 ゴハンも、私からでないと食べなかったです〜。 

 なので、ダイビングでリフレッシュできたものの
 不機嫌なチビの相手にいつも以上に力をとられる、って感じでした。
 
 泣いているチビの側にいるだけで、みるみるHPがへっていくような気持ち。。^^;
 泣かれると、どうしても「いてもたってもいられない」ような気持ちになります。 
 私も母なのですねえ。
 
 でも、心配していた飛行機は全く問題ありませんでした。
 飽きて少しぐずるくらいで、離陸も着陸も、全然泣きませんでした。
 乳を飲ませていたからかな?

 
 子連れ旅行中らしき家族には少なからず遭遇しましたが
 大体、お母さんの顔はげんなりしていました。
 わかる。。
 
 女の子同士や、カップルで旅行中の人の顔はイキイキぴかぴかしているのと対象的^^;

 旅行中は、「むしろ早く帰りたいかも。」くらいの気持ちになったり
 チビに対して申し訳なかったりもしたのですが
 でも、旅行もダイビングも楽しかったです。
 
 予定していたよりも少なく海に入ったのだけど
 やっぱりもうちょっとゆるい日程のほうがよかったかな?
 とは、チビのことを考えると、思います。
 
 もっと期間を長くとって、ゆっくり旅するか
 サクっと3泊くらいで行って、海は1日だけ、とかにするか。。
 そういうほうがお互い楽だったかもです。

 離乳食がほぼ完了していたのは良かったです。
 離乳の途中が一番大変かも。
 
 あと、宿はできれば和室がいいですねー。
 今回は、二つのベッドを勝手に動かして、ひとつにして使いました。
 でも、今回泊まったところは、すごく良かった!
 お手ごろなのに、オーシャンビュー♪
 
 オーシャンビューのよさがようやくわかりました。。
 部屋にいるだけで、すごく気分がいい♪

 
 というわけで。
 子連れで旅行に行くのは
 「大変かもしれない。でも行きたい!楽しみたいんだ!」
 という気もちのときに行くことをオススメします^^
 
 行くのが大変なのは、まあ、わかりきったことなので。
 それでも行くなら、楽しまないと!ですねー^^
  
 
posted by まき at 22:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

忘れないように。

 チビは熱も下がり、いつもどおりな感じです。
 なので、がんばってフラにいってきました。

 チビはやはりちょっと過敏になっているようで、
 教室で最初少し泣いたけど、すぐ慣れました。
 
 教室のお友達に「・・・疲れてる!?」と開口一番言われました。
 私、、すごーく眠くて、だるかったんです。

 朝起きて、顔が変だなあ、とは思ってたんだけど。
 沖縄帰りで少し基準がゆるくなっているので
 「ま、いっか」とふらーっと出かけたら、やはりバレました。^^;

 沖縄から帰ってきて思ったことは
 今、住んでるところって、気持ちが内にこもりやすい場所なんだなってこと。
 
 落ち着くけど、落ち着きすぎてこもりがちになるような気がします。
 ずっと家にいると、それに慣れちゃって忘れがちだけど。
 忘れないようにしよう。
 意識してでも外に出て、開いていかないと。
  
 そして、できれば、もう少し自然が多いところで暮らしたい。
 
 沖縄で特に見ようとしなくても入ってくる緑や空や海。
 それは、すごく自分を助けてくれるとおもう。 
 何かを調整してくれるというか。
 
 まーさんは、今回の旅で「どうでもいいことは気にしなくていい」
 ということを強化して帰ってきたようです。
 
 まーさんも自然が多いところにいたいそうなので、
 やはり自分たちの生き方、居場所を選んだほうがいいのかもです。
 
 矛盾なく暮らしていけたらいいなあ、と思います。
 
 
 ひさしぶりに海に入ったとき、前よりもずっとずっと感動しました。
 カンカン照りの太陽に照らされて、汗だくだくになったあとに入る
 海の気持ちよさ!!
 
 重たいタンクかついだことも忘れます。^^
  
 何より、また海に入れたことがうれしくて。

 まーさんが頑張って働いてお金を稼いでくれて
 おかんが一緒に旅行に来て、チビをみていてくれて
 ホヌークラブのハナちゃんが、海に連れて行ってくれて
 
 みんなのおかげで、海にもどれました。
 
 どうもありがとう。

 そんな気持ちでいっぱいになりました。

 
 独身の頃は、自分がどこで何をしようと、基本的に自分の勝手なのは当たり前で
 そこには「自分が稼いだお金で自分を養う」喜びもありました。

 今は、まーさんに食わせてもらっていて、チビもいて。
 「思ったことを、思ったときにできる」ことは、あまりなくなりました。
 
 でも、それにはそれの喜びがある、と思います。
 今の私が、沖縄に行って海に入れるということの貴重さをすごく感じられたのも、
 今の状況だからだと思う。

 なんでも「当たり前」じゃないですよねー。
 どんな状況にも、そこにしかない喜びがあると私は思います。
 そしてそれは、自分がみつけてあげるしかないのかも。  

 海にきれいサッパリ洗い流してもらって思ったことは
 そんな感謝と、私は私の人生が好きだってことです。
posted by まき at 22:18| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

なんでもない日、おめでとう。

 今日のほぼ日で、糸井さんが個人でブログをやっている人へ
 「3年やったなにかが変わると思うんですよ、ほんとに。
  楽しんで、がんばってください。」
 と、書いてらして。

 糸井さんいわく。
 2年と半くらいで、苦しくなってくる、と。
 だから、3年続いたということは、
 続けられる何かを体得しているんだろう 
 ということだそうなのです。

 あれ?私、どれくらいブログやってるっけ??

 と、思ったので調べてみました。
 
 今のブログを使い始めたのが、2005年の3月26日でした。
 おお!3年すぎてる!!

 そして、この前のブログが、2004年の6月14日からでした。
 まだ会社員だった!!!
 つーか、最初の記事が、ふとんがふっとんだって。。。
   
 http://diary3.cgiboy.com/2/m_kit6/index.cgi?y=2004&m=6#14
 
 ああ、でも、今でも覚えてるなあ。
 このへんの頃のこと。

 まだ色々と内面では嵐が吹いていた時期ですねえ。
 まさに、顔で笑って、心で泣いて。
 いや、人前でもよく泣いてたなあ。
 (みなさん、本当にお世話になりました。。)

 そういうときに限って、まわりでは幸せ続きで。笑
 深刻な相談をもちかけられたり、
 おめでたい場にでなければならなかったり。
 
 正直、人の幸せを素直に祝福できる状態でないときもありました^^;
 ひとりの家に帰ると、色々考えてしまって、つらくてねえ。
 お風呂にしずんで涙をたくさん流したものです〜。
 
 あ、お風呂でただただ涙を流すだけだと、翌日顔が腫れないんです。
 これ、たくさん泣きたいときにオススメ^^

 でも、人のおめでたい話を聞いていたり、
 そういうことに関わっていると、
 その間は本当にうれしい気持ちでいられたんです。
 
 だから、やっぱり嬉しい話には関わり続けたかったし、
 関わってよかったと思います。
 そこで得たものに、たくさん救われました。
 私なりに頑張ったな、と思えたのも後々よかったと思う。
      
 こうやって日記を書き始めたときも、
 本当は気持ちが落ちてしょうがないんだけど、
 がんばって明るいことを書くことも多かったです。
 でもそうすると、書き終わる頃には少し気持ちが上がるんです。
 
 だから、初期の頃のほうが、日記の内容が練られたものになってる。
 ネタっぽい。っていうか。^^;
 
 もしかしたら、
 私がそうやってがんばって笑ったり、明るく振舞うことに
 「痛々しいなあ」と感じていた人もいるかもしれないけど。
 
 確かに、それはすごく私を疲れさせました。
 でも、それ以上に、すごく私を救ってくれたように思います。
 
 必死で光を作り、それが消えてしまわないように夢中で灯し続けた。
 そんな感じかなあ。
 
 そばにいてくれた友だちや家族には、ほんとただただ感謝!です。
 自分のそばにある素敵なものたちに、たくさん気づけた時期でもありました。

 
 ・・・最初は、そうやって自分の気持ちを上げるために書き始めたブログ。
 今は、傲慢かもしれないけど、人の役に少しでも立てたら、と思っています。

 ちょっとした気分転換だったり。
 暇つぶしでもいいし。
 へー、こういう情報があるんだ、でもいいし。
 出産てこんな感じなんだ、でもいいし。笑
 
 まあ。とにかく。
 そういうことなんです。
 それが、この4年近くの間に変わったことなんじゃないかな。
 
 でも、こんなに無理なく続いたものって他に無いと思う。

 ネットを通じた出会いがあったり
 このブログを好きだと言ってくださる方がいたり。
 小さいながらも、書いててよかったなあーと思います。

 みなさま、今日も読んでくれてどうもありがとう。
 
 
 ・・・別に記念日でもなんでもないけど、振り返ってみました。^^
 
 
posted by まき at 23:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

シンプルライフ。私の場合。

 前回アップした日記のおまけみたいなもんです。

 界面活性剤とか、合成洗剤とかが良くないなら、じゃあ、何を使えばいいのか?と思う方もいらっしゃるかな〜、と思いまして。
 
 私が何を使ってるか、ご参考までに。。 
 こういう商品があるんだ、くらいの感じでどうぞ^^
 
◎シャンプー
 EMサウンドシャンプー
 http://www.rakuten.co.jp/uzumasa/779227/457054/
  
 ネイチャー生活倶楽部もいいです!
 http://www.nature-life-club.co.jp/

 いわゆる「石鹸シャンプー」はちょっと使用感が苦手。。
 アミノ酸系?なら大丈夫みたいです。
 ちょっと値段張るけど。。。
 でもリンスいらないし、手触りもサラサラだし、いいです。

 
◎せっけん
 EM石鹸(シャボン玉せっけん)
 http://www.yu-netkita.com/shabondama/catalog/kago_em_sekken.html
 
 妊娠中に手作りしたやつを使ったりもしてます〜。
 見た目がいまいちだったから人には配らなかったけど、使用感はなかなかよかったです。
 もう終わっちゃったから、作らないと。。
 そして、顔も、石鹸で洗ってます。
 
 石鹸がいらない和布がほしいなー。
 http://www.tekuteku.net/wanuno.html


◎化粧水
 フルフリフリフラ
 http://alt-consumer.com/
 
 友達に教えてもらいました。
 保存料、添加物ゼロ。 
 手作り化粧水のキットを買って、自分でまぜまぜして作るんですよ。
 といっても、全部計量済みだし、容器も一緒にくるから簡単!
 でも、ちょっと手作り気分で楽しい♪
 
 乳液はなくて、化粧水だけ、なんです。
 最初、物足りないかな?って思ったけど、すぐなれました。

 お肌が自らの潤う力を取り戻す感じ。
 
 この「自分の力を取り戻す」感は、この手の自然派製品に特有のものであるような感じがします。
 そして、その感じが病みつきになるんです〜。
 
 化粧品、もしお洒落なのがよければ。。
 
 アグロナチュラ
 http://www.agronatura.jp/
 とか
 二ールズヤード
 https://www.nealsyard.co.jp/products/lineup.php
 とか
 大御所、ロクシタンとか。。
 http://www.loccitane.co.jp/shop/index.html
 
 いい値段、すっけどー。^^;
 
 
 ・・・こんな感じかなあ。
 
 もしオススメあれば教えてください〜♪
 こういう製品、結構増えてきてると思うんで。
 
 ドラッグストアで簡単に買えるものより値段も少しよかったりするけど、でも、シンプルケアになるので、結局はそんなにかからない気もします。
 
 洗顔剤も、乳液も、クリームも、リンスも、トリートメントも使わないわけですから。
 洗面所もモノが少なくてスッキリするし、すっごく楽です〜♪
 
 しかも、「素」って感じで、気持ちがいい。

 興味があったらチャレンジしてみてください〜^^ 
  
 あ、もうひとつ。 
 プレマって会社のサイトでよく通販するんですけど。
 ここは、包装の程度を自分で選べるんです!
 
 「最小限でいい」って風にすると、新聞紙に商品がくるまれて、使いまわしの段ボールに入れられてくるんです!
 すばらしいでしょう!?笑
 
 いつも、過剰包装がいやだったので、いいなあと思って注文してます。
 2000円以上買うとおまけをもらえるのもうれしい。
 
 無添加梅干、いいですよ!
 おまけだけでは足りず、購入しました^^
 
 よかったら見てみてね。
 
 http://www.rakuten.co.jp/uzumasa/index.html
posted by まき at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

Doze Life Food、HP完成。

 おれの幼馴染のあっきーがやってるオーダーメイドお菓子屋さんDoze Life FoodのHPが完成した!
 
 というわけで、さっそくあそびにいってみたら、、すんっげー!
 オサレですーーー!!
 新しくロゴになった切り絵も超好み。
 お菓子もラッピングも、センスありまくりだし。
 
 ほんと、見ているだけでも楽しくなっちゃうので、みなさまぜひ!

 http://homepage3.nifty.com/dozelifefood/

 
 このHPはあっきーが手作りしたそう。
 しかし、彼女はパソコンにくわしいタイプではない。
 ・・・がんばったなあ。
 
 私も何も知らないところからHPを作ったことがあるのでわかるけど、詳しくない人がHPを自分の思うように作るって、ほんと大変なんだよねー。。
 仕事しながら、子育てしながら、HPも作っちゃったなんて。
 
 あっきーってすごい人だったんだなあ。やっぱり。
 と、友達が急に大きくみえました。
 (あ、もちろんすごい人だとは思ってたんだけど。再確認ね。)

 私の友達って、、ほんと、なんていうか、みんなどんどん大きくなっちゃって、びっくりだ。


 あっきーのHPの、オーダーメイドギャラリーをみていたら、なんだか泣きそうになってしまった。
 
 ああ、こんなにたくさんの作品をお客様に届けてたんだなあ〜、と。(おかん!?)
 
 楽しいとき、苦しいとき、疲れて眠いとき、子どもの笑顔に癒されたとき、、いろんなときがあったとおもう。
 でも、どんなときでも、コツコツと、お客様に喜んでもらえるように作ってきたんだなあ、と。
 私が知らない彼女の時間が、ここに凝縮されているような気がしたのです。

 大変なときもあると思うけど、でも、それをバネにしていい作品を作っているようにも見える。

 本人は「私なんて全然かっこよくないよ!」というけれど、彼女の心がこもったお菓子たちはとてもキラキラしていて、やっぱりあっきーはすごくかっこいい。と思ったのでした。
 
 
posted by まき at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

ふと、おもったものだから。

私は、「〜したい」とか「〜な自分になりたい」とかを求め続けてきた。
 けど、それが実現してなくても、今とても幸せなことに気付いた。
じゃあ、何もあせることはなく、無理することもないな、と本当に、おもった。
 今までは、「何か」にならないといけないような、自分を語る名刺みたいのがないとダメなような気がしてて、そのままで幸せなのに、「もっと」と急いでいたような感じ。
 しかもそれは、自分がしたくてしてるというより、他人に認められたいとか、居場所がほしい、とかからくるものだったような。


ここ最近都会に出ることが多かったら、意味もなくイライラして、上に書いたような幸せな気持ちも、全然感じられなかった。
お風呂にゆっくり入って、ひとりでいたら、なおった。

すっかり免疫がなくなっているらしい。
弱いなあと思うけど、まあ、だったら、たまに行って都会の良さを楽しむくらいの距離でいればいっか。

克服しないと!と自分を追い詰めるのはもう、やめにした。
自分にあった選択をすればいいだけなんだな、とようやくわかった。
は〜。。今まで無駄に力使っちゃったな〜。
posted by まき at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

時間の穴ぽこ。

 今日は少し曇っていて午前中は涼しかったので、ひさしぶりによく寝た。
 ここ最近、寝つきが悪くて睡眠不足だったので助かった。。
 
 お父さんからの電話で起こされたのだけど、なにやら夢を見ていたようで「せっかく新しい方法で眠れるようになったのに。。」とおもいながら起きた。
 新しい方法・・・?もったいない。忘れちゃったよ。
 

 最近は、眠りが浅いのか夢ばかり見る。

 こないだは、海の中に住んでる夢を見た。
 妊婦なので葉酸のサプリメントを普段のんでるんだけど、海の中でも「あ、葉酸のまなきゃ〜」と、瓶のふたをあけ、サプリをつまんだ。
 したら、友達が溺れているのが見えたので、「しかたないな〜」と助けに行く夢だった。

 水中でもサプリメントはのめるのか。。
 人魚とかじゃなくて、ふつうに普段どおりにしていたのが面白かった。
 違うのは、家とかはなくて、岩とかにサプリを置いてあって、移動が「歩く」じゃなくて「泳ぐ」ことくらい。
 あー。いいねえ。可能であればしてみたい。
 

 あと、最近は、前に見た夢をよくおもいだす。
 ヒーリングの先生がうちに来て、友達にヒーリングをしているのだけど、時間が止まっている。
 友達は完全に止まっている。先生は動いている。私は、動けないけど先生が動いているのは見える。
 
 それが終わって、こっそり先生に「あれ、時間が止まってたように見えたのですが。。」といったら、「時間には、ところどころ穴があいてるんだよ。だから、自分をその穴の大きさにすれば、時間は止まるし、いつにでもいける。」と言っていた。

 そうか〜。自分を穴の大きさにあわせるのか〜。
 と、夢では納得していたけど。。
 
 別に普段そんなことを考えていたわけでもなかったので、起きたとき「なんでこんな夢。。」とびっくりした。
 夢の中のこういう考えって、どこからわいてくるんだろう?
 少なくとも、私の考えではない。
 聞いたこともないしなあ。面白いなあ。

 

  

   
posted by まき at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

定本 育児の百科

 「定本育児の百科」という本があります。
 松田道雄さんという方が書かれたものなのですが。
  
 私がいつもお世話になっている「石垣島バナナ日和」のレベッカさんから教えていただいた本です。

 1967年に刊行された本でありながら、今でも「いい!」「これだけは手元においてある」「娘が妊娠したら贈る」と絶賛するお母さん続出の、とても価値がある本らしいのです。
  
 著者の松田さんが他界されてしまったので、改定を繰り返してきたこの本は「定本」となり、そして、なぜか今は「重版未定」・・・。
 アマゾンでは倍以上の金額で中古本が出回ってます。。
 
 CD-ROM版は売っているようなのだけれど、本では写真もいいそうで、しかもやっぱりCD-ROMと本って、全然違う物だとおもう。
  
 もうー!なぜだ!
 なぜ、こんなにイイ本が普通にみんなの手に入らないの!?
 というわけで、<復刊ドットコム>http://www.fukkan.com/の登場です。

 ここは、投票数が一定に達すると、なんと復刊交渉をしてくれるという最高に素敵なサイト。
 
 今、39票なのです。
 あと61票で復刊交渉開始!らしいのです。
 
 そこで、ぜひ、皆様からも投票していただけたら、、とおもっています。
 
 こんなに多くの育児本や育児雑誌、ネットでの情報があふれる中で、昭和の時代から読みつがれている本がどれくらいあるでしょうか。。
 
 いいものは、なくしちゃいけないです。
 「なくさないで!」と声をあげるのは、読者の仕事です。
 
 復刊してほしいなあ。。ぜひ!
 みなさま、宜しくお願いします。。

 
定本育児の百科 (amazonへ)

 復刊ドットコム  http://www.fukkan.com/
posted by まき at 18:05| Comment(7) | TrackBack(1) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

7th

 
 おいらの沖縄のネーネー・テルちゃんのお店を紹介しちゃいます。
 
 『7th』という名前のお店です。
 ちゅらかーぎー(美人)のテルちゃんが、ひとりでやってるお店です。
 ごはん屋さんでもあり、インディアンジュエリーを売ってたりもします。

 落ちついたサンドベージュのぼこぼことした漆喰の壁に、乾いたインディアンの土地の写真が貼られ、ばななの葉と月桃の葉で染めたランプシェードをとおした柔らかい光が、店内をやさしく照らしています。

 あったかいお日様みたいな、ほのぼのしたテルちゃん。そのまんまのお店です。
 
 インディアンジュエリーも、個性的なのに、違和感なくつけられそうな、ステキなものがいっぱいです。コヨーテやリンカランといった雑誌や、テルちゃんアンテナにひっかかった面白そうな本もたくさんおいてあるので、ひとりで入ってゆーっくり本を読ませてもらうのもいいかもです。

 そして、フードはもちろん、タコスやメキシカンカレーでキマリでしょう♪
 テキーラもあるので、ご安心を(笑)

 そんなテルちゃんのお店は、牧志にあります。
 国際通りが終わったあたり。
 国際通りの喧騒と、作られた沖縄ムードに嫌気がさした頃にふっと現れるオアシス的なお店です。国際通りってイイお店あんまりないので、こういうお店は貴重。。

 でも、そんなテルちゃん、お店を玉城(たまぐすく)に移転するらしい。
 すぐってわけではなさそうだが。。でもでも、みんな、早く行ってください!! 

 ヤフーグルメにものってたー。地図もあるよ。コチラ
posted by まき at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

あなたはバカですか?

 あ、ケンカをうっているわけではなくってよ。お気をわるくなさらないでね。

tomoさんから、バカ検定なるものをおしえていただいたので、早速受験してきました!
 おきなわものがたり。のシンヤさんのブログまで、もう、ダッシュです。

 さあ、おたのしみの検定結果は、、ぱんぱかぱーん!
 私は、パーフェクト☆バカです!



 ・・・・・・・・。


 
 いや、うん、あのさ。え、まってまって。いやだなー。ちがうんだって。
 えーとさ。でもさ。だからね。うんうん。あー。そっかそっかー。

 いや。言い訳はしません。
 ていうか、否定することばがみつかりません!!

 バカ度は74と、まだまだ青い中途半端な数値のおいらですが、きっとこれから磨きがかかってゆくことでしょう。
 沖縄にすんだら、きっと100%バカになるかもね!かもね、かもね、そうかもね!?(シブガキ隊。)
 
 というわけで、さあ!みんなも〜!受験するんだゾッ♪
 バカだ大学バカ学部長・まっきーでした☆(学長はもちろん。tomoさんです!ついてくっす!)  

 なんとなくだけど、私の数値なんてメじゃない人、わたしのまわりに多い気がするんだよなあ。。
posted by まき at 12:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

トライブ。

 宮古にあるアクセサリー屋さん、トライブ。
 お店に入ったら誰もいなくて「ゆるい。。」と思ってたら、おくから男の人がでてきて「今からボクはお昼をつくります。欲しいものがあったら5分くらい待って。でも、なかったら、勝手に出てってください。」といきなり言われ、その人はそのまま奥にまた入っていった。

 友達も私も、なんかすごい好きなかんじの人だったのでうれしくなってしまい、当然そのまま待ってたら、らーめんとゴハンを持ってまた出てきた。
 「好きなようにしてて。」といわれたので、「じゃ、食べるとこ見ててもいいですか。」と言ったら、「やめて。・・・早く帰って!かえれー!」といわれた。

 ますます好きなかんじの人だったので、そのまま数時間滞在してしまった。

 そこで、マザー・オブ・パールという貝(まんま、真珠をつくる貝のこと。)でできたブレスレットと水牛の角でできたかんざしを購入しました。
 
 200506191419000.jpg


 「壊れたりしたら、送ってくれたらきれいにして返すから」とお店の名刺をもらったのだけど、名刺は、こんなのでした。
 200506191531000.jpg

 「お金がないから、考えたんだー」と店主のよっしー。
 お客さんは、ばらばらになった破片を組み立ててから、よっしーに連絡をとらなくてはいけません。他のお客さんにはせいぜい3,4カケラだったのに、私にはこんなに砕けたやつを!
 ズルしてデジカメで出来上がり図を撮っておいてよかった。。

 よっしーは、ぼーっとしつつ鋭いので、あまり店内の商品にピンときていないけどよっしーの人柄で商品を買いたい気分になっていた私の友達に「時期があるから無理して買わなくてもいいよ」と言っていた。

 沖縄に住みたいんだーと話をしていたら、「難しい面もあるよ。東京では、お金があれば楽しいことができるし、お金を稼ぐ場所もある。こっちは、お金はあまり意味をもたないし、稼ぐ場所もないし。自分で楽しくするってことをやらないといけないよ。」と言ってくれた。

 そんなよっしーのお店はなんだかとても居心地がよくて、「あ、もう時間?ざんねんー。じゃ、かえろっか♪・・・ていうか、かえれー」と何度も言われつつも、知恵の輪とかであそびながら長居させてもらった。
 
 おまけに流木までもらってしまった。(ブレスレットの写真参照。) 
 「これはイイ木だよー。一回海に行って、5、6本みつかればいいくらい。暇なときに木と木でこすりあわせて。段々光ってくるよ。」と教えてもらった。
 家に帰ってそのにおいをかいだら、少しだけ潮の香りがして、なんだか泣きたくなってしまった。

 そんなすてきなお店トライブ。
 お店に行くの際は「期待されるのがいや」なよっしーのために、何も知らないふりをして行ってあげてください(笑)

 ていうか、さんざん長居して流木までもらったあげく、店先においてあった貝を破壊してごめん。。「キミはこれを壊して申し訳なくおもう、だからボクは明日これを修復する。」と言ってくれたよっしーよ、ありがとう。。
 
posted by まき at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ありがとう。。

 今回たくさんの方々からおかえりメールや心配ですメールをいただきました。
 沖縄の大雨もあるけど、私の調子が悪かったことを心配してくれた方もたくさんいらっしゃり、私は感動の毎日です。。

 おかげさまで、自分と向き合う時間はおわりました。
 ブログに書くことで、まわりの人に心配をかけてしまうことや、ここまで自分をさらすのは悪趣味かしら、というおもい。。色々な気持ちがあったけど、同じように自分と向き合う時間を過ごしている方から連絡を頂いたり、共感していただけたりして、書いてよかったのかもしれないと少しおもいました。

 毎日たのしいこと、おもしろいことを書こうと思っていた時期もあり、それはそれで自分も楽しかったのだけれど、私はやはりうわべの気持ちで文書を書くより、どろどろしてても自分丸ごとで書きたいようです。こんなお遊びのブログではあるけれども。

 つまらなくなったと思っているひと、ごめんなさいねー。
 とかいって、ひとつもすまないなんて思ってないけど。てへっ。(悪魔。)

 というわけで、落ちたり沈んだり、転んだり起き上がったりで、まさに人間起き上がりこぼしな俺様ですが、これからもひとつよろしくです。 
posted by まき at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

帰ってから、本を読みたくなってもいいようにと思ったのだ。

 ・・・パクりがいがあるタイトルだとおもう。
 
 「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。」
 料理家の高山なおみさんが「CUT」で連載していたエッセイ+レシピ集。

 テレビで見ると、かわいらしい声とやわらかムードでほんわかした方なのかしらーと思っていたのだけど、本を読んだらとってもシャープで、更に好きになった。
 銀色夏生さんの日記を読んだときと同じ衝撃。(わかるかなー。)

 クールに人や状況を見ていて、きれいごとばかりじゃなくて、とても好きなかんじの方だとおもう。
 タバコすってるというのにはおどろいたけど。
 飲食の方には、、あまり吸ってほしくないという気持ちが私にはあります。
 昔、自分も吸ってたからわかるけど、あれは味覚をにぶらせるし指ににおいつくし。。

 しかーし、ここはそれを論じる場ではないっ。

 一ヶ月ほど前、私は本屋でこの本を軽く立ち読みしている。
 高山さんが色々うまくいかなかった時期に、バイト先のトイレで吐いた話を読んで、思わず店先でぽろぽろ泣いてしまった。
 「私はもうだめだー」の描写にゆさぶられてしまった。
 同じ経験はしてなくても、こういう感じって、きっとみんな共通のものがあるのだろうな。
 
 いろんな経験すると、いろんな感情を味わえる。 
 そうやって他の人のことを近く感じられるようになるのだとおもう。

 フィッシュマンズがたくさんでてきたから、やっぱり聴きたくなった。
 私が昔行っていた美容院のスタッフの人は、「好きな音楽。。フィッシュマンズでとまってるんですよ。」と遠い目をして言っていたのを思い出す。

 フィッシュマンズを好きな人というのは、そういうものなんだろうとおもう。
 みんなどこか共通点があるような感じがする。
 それは、きっと高山さんも書いてるように、佐藤君が常に孤独をうたってることと関係あるとおもう。
 
 水の中では、ものの大きさや人と人との距離がつかめなくなり、声もあまり届かない。
 やわらかい水でつつまれている。
 そういう種類の孤独を知る人が好む音楽だとおもう。
 
 おっと、フィッシュマンズの話になっちゃった!
 
 巻末にレシピがちゃんとついてて、ごまバターはマネしようっておもったけど、するのかな、私。

 
   

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
posted by まき at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

いっこいっこ、着実に。

 こないだ久しぶりに、ともだちと長電話してしまった。
 ・・・5時間半くらい。な、なげー!!

 お互いに、モヤモヤした、ことばにならない気持ちがたまっていたらしく。
 話していくほどにスルスルと感情がほどけて、どんどんクリアになっていくのが楽しかった。

 その日、数々の名言がうまれた(!?)のだけど、一番ふたりとも納得していたのが「いっこいっこの段階を大切にしよう」ということだった。


 それは、行動の面でもそうだけど、感情の面について、が重要なのです。

 すごく泣きたいけど。
 「大したことじゃない。」と泣かない。
 
 すごく腹立ってるけど。
 「どうせ怒っても、きっとこう返されて終わるんだろうな。」とか「怒ったらケンカになった嫌だな」とかって、怒らない。(怒れない。)

 すごく悲しいけど、「平気」と、悲しまない。

 逆に、すごく嬉しいのに、嬉しがらなかったり。
 
 感情って出してるつもりでも、なかなかむきだしの自分では出ていないと思う。
 少なくとも私は「こんなことで傷ついたと思われたらいけない。」とか、「怒ってはいけない」と、自分の感情を隠すことが多かった。
 そして、ためにためた感情が、行き場をなくして自分を苦しめる。

 恐ろしいことに、悪い感情を感じないようにして自分をフラットにすると、良い感情も感じなくなるらしいです。いつも中くらいの気持ち。
 私はこれを注意されたことがあります。こわい。。

 よく「ゆるす」ことが大事、と言うけれど。
 何かが起こって、そこからすぐ「ゆるす」のって難しい。
 というか、不自然。
 
 まずは、きちんと怒ったり、悲しんだりして、自分の感情を大事にしてから「じゃあ、ゆるす」ってなるんじゃないかなー。
 

 周りに気をつかって感情を出さないのが大人、という考えもあるけど。
 むしろ自分の気持ちをはっきり出すのが、案外自分も周りも一番傷つかないやり方なのかもしれない、という話になりました。
 合わない人は自然に離れていくだろうから。
 
 「だから人を傷つけてもいい」というのとは違うですよ。全然。

 ただ本当は。
 自分と他人は違うのだから、ぶつかって当たり前。
 勝手に人の行動や気持ちに「期待」して、「こんなはずじゃない」と悲しんだり怒ったりする方がおかしい。。のだろうけど。

 でも、それを実感を持って悟るには、まだ時間がいるので。
 まずは自分の感情を大事にすることから始めたいね、と。

 これもまた、段階をおっていくものなのでしょう。。
posted by まき at 23:52| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記ではないこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。