2007年09月23日

何が自由か、知ってる?

 最近、一戸建てやマンションのモデルルームを見に行くのが流行ってます。
 いちいち「もしここに住んだら〜」とか考えるのが楽しい。
 
 うちの近所はDVDレンタルの店が無いのがほんとーにつらくて、つらくて、たまらなかったんです。
 
 んが!
 ついにできた〜!!
 なんかしらないけど、写真屋さんの一部を使ってはじまってました。
 店じゃないけど。。
 本棚程度の量だけど。。
 
 超うれしい!!
 
 さっそく入会してレンタルしちゃった。

 「リトル ミス サンシャイン」
 http://movies.foxjapan.com/lms/
 面白かった!
 いい映画でした〜。。
 
 「変な人がたくさん出てくる、映像とか音楽とか気を使ってそうな、でもあったかいかんじ」と観る前に予想したのが。
 
 ・・・ビンゴ!
  
 お休みの日の夜に観るのにいいとおもう。 

 私、愛すべき変人?が好きです。
 「ロイヤルテネンバウムス」とかも結構好き。

 ひさしぶりに集中して映画をみて、幸せだった。。
 ロードムービーなので、ちょっとした旅気分を味わえたし。
 音楽もよかったです。
 映像も、色使いとか、人物の配置とか、気をつかってるな〜って感じ。

 青い空、黄色いバス。
 赤いブーツ。

 あ、話の長さもちょうどよかったなあ。
 
 笑っちゃうし、ほろりときちゃうよー。
 出てくる人のこと、だんだん好きになっちゃう。
 にこにこしちゃいます。

 ああ、本も大好きだけど、やっぱり映画もいいなあ。
 
 
 そして今度観たいのは、「めがね」。
 http://www.megane-movie.com/
 今、公開中、かな?
 
 「かもめ食堂」の監督さんが撮ってるんです。
 かもめ食堂、大好きだから、期待大♪
 
 しかも今度は海辺の町が舞台。
 主人公には小林聡美さんで、もたいまさこさんも出て。
 「ちょっぴり奇妙な町の人たちと、主人公の交流を描く。。。」
 す、好きにきまってる〜。
 
 「やっぱり猫が好き」で育った俺としては、あれ??室井滋さんは?と聞きたくなりますけど。
  
 観たいな〜。めがね〜。
 キャッチコピーもいいです。
 「何が自由か、知っている。」

 ・・・く〜っ。
 いいね。
 
 
posted by まき at 00:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

フラガールみたよ。

 実家にきました。
 きのうから、土曜くらいまでいる予定。

 昨日は、おかんがタダ券をもっていたフラガールを観た。
 前々からみたかったので、うれしい。

 評判がよかったので、楽しみにしていた。
 いい映画だった!
 まんまと泣いた!
 
 泣きのポイントがいくつかあるのだけど、「う、泣ける。」とおもうと、私の他にも、くすんくすんと鼻をすする音がたくさん聞こえてきた。
 みんなポイントは同じなんだわー。
 こういうのって、映画館の醍醐味?か?

 松雪さんが、超すばらしく役にハマっていた。
 あのちょっと疲れた感じ・・。
 あの肌荒れすらも役作りだろうか。。
 すごく素敵だった。

 松雪さんのキャラが「友達に似てる。。」と思いながらみてたら、おかんも終わった後に「○○○おもいだしちゃったー。」とその子の名前を言っていた。

 そう、昨日私に電話をくれたアナタ!きみです。うふふ。
 
 映画の音楽、ジェイク・シマブクロが担当してたんだけど、これがまたよかった。泣きの気持ちを更に盛り上げる。。
 サントラほしいな〜。

 この映画は、常磐炭鉱が閉鎖され始めた頃の話だから、画面全体がくすんだ感じで「そういえば日本てこんな色合いだったよなあ。」とおもった。
 色にあふれはじめたのは、意外に最近なような。
 
 その地味な画面に、ぱーんとフラの鮮やかな色合いが入ってくるところが、なんとも象徴的。
  
 なんというか、ハワイ好きな人のためや、ハワイを好きになるための映画っていうより、日本人のよさを感じる映画だとおもう。
 日本に入ってきたハワイを、日本人はこんなに真面目に消化したんだ!みたいな。
 日本とハワイ、両方を好きになれるとおもう。
 
 すごくきちんと作りこまれた、「映画!」って感じの映画をみたなあ。
 やっぱ、映画づくりは愛情。
 
 みなさんも、みてみてくんちぇ〜♪

 フラガールHP
 http://www.hula-girl.jp/index2.html
 
posted by まき at 11:22| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

かもめ食堂。

 かもめ食堂をみてきた。
 うちの近所(結構がんばれば自転車でいけるくらい??)の映画館で、週替わりのミニシアター系作品特集をしていたのだ。

 モーニング一回きりの上映だし、今日はレディースデーということで、結構人がいたのにびっくり。
 こういう需要があるとわかってくれたらいいのだけど。。
 がんばれ埼玉。。
 
 映画、とてもよかった。

 なんだか、妙に自分となじんだ。
 特別誰かに感情移入、とかでなく、なんだか映画の雰囲気自体が、なじみある感じ。
 ・・・こんなにおしゃれじゃないけど。
 出てくるものや服が、いちいちかわいかったなあ〜。

 思いつきで旅にでたり、店にいついてしまったり。。
 自分が旅してるときの感じだった。

 変わらないものはないから、「今」の心地よさが輝く感じとか。
 だからこそ優しくてあたたかくて、安らげる感じとか。
 
 まあ、普段も割とそういう感じなんだけど。
 旅だとそれが倍増する。
 
 この映画みたいな出来事って、実はたくさんある気がする。
 こういうお店も、こういう出会いも。
 実際やるかどうかは自分次第だけど、実はすぐそばにあるような。
 
 
 映画でおにぎりが出てきたので、今日の夕飯は、おにぎり(笑)
 あと、とん汁。 
 豚肉がなかったので、前に作っておいた肉みそで代用。
 ナッツとかコチュジャンとかニンニクとか入ってるけど、大丈夫だった。
 
 それにしても、もたいまさこは、すごいなー!
 普通に登場しただけで笑いがおこったもの。

 
 かもめ食堂HP
 http://www.kamome-movie.com/
  
posted by まき at 21:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

BLUE CRUSH

 
 サーフィン映画です。
 オアフ島が舞台で、女の子サーファーがパイプラインに挑むっつうお話です。

 ハワイのお話だとは知らなかったので、なんだかすごく得した気分。

 ラブあり。ギャルの友情あり。ハワイの波あり。で、大変気持ちのよい映画でした。
 トラウマを克服できるか、みたいなお話でもあります。

 主演のケイト・ボズワースは、この撮影のためにサーフィンの特訓をしたらしい。
 どこまで替え玉を使わずにやったかはわからないけど、1ヶ月の特訓でここまで
できるようになったとしたら、この人、すごい!

 なんかそれだけで、この人を好きになりました。
 左右の目の色が違うのも、かわいい。(茶色と青だっかな。)
  
 波が見たかったからこの映画を借りたのだけど、普通に最後まで見れました。
 (私は、つまらないと分割してみたり、早送りしたりする。)

 実はスポ根ものが意外に好きだったりするからかもしれません。
 (「チアーズ!」とか。)
 
 波がきたら、こわがらず乗ることだけを考えて、楽しむこと。
 イイ波がくるまで、待つこと。
 あきらめなければ波は必ず来るし、自分しだいで必ず乗れる。

 人生の教訓のようですな。

 それにしても、ハワイの海ってやっぱりいいなー。
 見てるだけでも、疲れだの、ごちゃごちゃと忙しい心の中だのが、洗い流されて
いくようでした。
 
 
 
posted by まき at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。